疲弊

表向きをどんなに取り繕っても

溜まりのように疲弊が

ためいきの渦になって

どこへも行かない。


光は時に

視界を見えなくさせる。

純粋さという暴力。

あお's HOME ~and blue company~

小説、脚本、広告シナリオ、写真詩を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000