夢が帰ってきた

私は昼を生きるように、
夜も夢の中を生きていた。

夢はいつも長くて、
繋がったストーリー性がある。

その舞台は様々で、
時代も登場人物も色々。

冒険や戦いもあれば、
癒しや笑いもあるし、
勉強することもあった。

時々は疲れる夢も。


でも、ここ数ヶ月、
私は夢を見なかった。

正確には夢は誰しもが必ず見るので、
覚えていない、ということだ。

それが何ヵ月も続いた。

私は不安になった。

夢の住人たちは、
私を拒否しているんじゃないか?
そんな気がしたからだ。

私が現実の世界で
夢を理解しようとしたから?

頭を使うより
体をめいいっぱい働かせているから?

夢より昼の世界が
強まっているから?


でも、夢が帰ってきた。
ここ数日、私はまた
夜の世界を夢の中で生きている。

昨日は悪夢を6回も見て、
起きても起きても悪夢の中だったけど、
それも楽しめた。

6回目に目覚めたつもりが
まだ悪夢の中に目覚めたと気づいたときは、
さすがに頑張って
現実に目覚めるように
パワーを集中して
本物の現実に起きたけど。

起きたら全身がくたくたに疲れていた。


今朝はしあわせな夢。
目覚めたけど帰りたくなるような。


夢は楽しいもうひとつの私の人生だ。

明日も夢を覚えているかはわからないけど、
何となく、
夢の住人たちに許してもらえた気がする。


写真は、木造のベンチ。
地球と土星に見えた。

あお's HOME ~and blue company~

小説、脚本、広告シナリオ、写真詩を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000