衝動

足りなくて。
ぜんぜん足りない。

もうひとり自分がいたらな。

もっともっとしたいことがある。
そのすべてをもっとつきつめたくなる。

足りないの。
ぜんぜん足りない。

衝動が強すぎて、
帰り道さえ駆け抜ける。

いつか走り抜けたこの道を、
懐かしく苦しく思い出すんだろうな。

そのときも
走っていたい。

あお's HOME ~and blue company~

小説、脚本、広告シナリオ、写真詩を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000