switch off

集団のなかで何かをしたいなら、
自分を殺さなければならないこともある。

それでもできるだけ、
心のないことはしたくない。

だけど、
善意という仮面の矯正は、
逃れづらい。

少数派は持論を言えば、
悪者扱いだろう。

だから、switchを切って、
心の目をつむる。

それがいつまでも続かないことを
わかっていても。


いつかが来たら、
すべてをうしなって、
自分だけが残るのだろう。

心を取り戻し、
心で泣く自分がひとり。




集団と思い込みの強要は、
この世界でもっとも嫌いだ。


あお's HOME ~and blue company~

小説、脚本、広告シナリオ、写真詩を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000