懐かしの人たち

この連休は古いつきあいの人たちにあったり、なにかと忙しく過ぎた。

物事に追われている間に、夏を見失ってしまった。
もう近くにはいないよ、と低気圧がささやく。
あちこちで秋祭りのハッピを見かける。
この雨続きの中、稲や果物などの豊作を願う思いは、届いているだろうか?

もっと集中したい。もっともっともっと。
秋の深まりを理由にもっと閉じていきたい。
もっと単純で、もっと純粋に、時間の中を泳いで。

降りなければならないこともある。
ずっと同じところには、いれないから。


ただ青い空が、見たいの。

あお's HOME ~and blue company~

小説、脚本、広告シナリオ、写真詩を書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000